ソウルの夜2日目

この日の夜は・・・




タッハンマリなり。

超有名、東大門のチンオクヘタッハンマリです。
見よ、この行列を。
s207.jpg

s208.jpg

前回ここに来たのは火事が起こる前。
立派なビルに生まれ変わってました。
観光客だけでなく地元の人にも大人気。ここは絶対にはずせないな。
ここでもたらふく食べて、腹ごなしにいかなくてはね。


東大門まできたらやっぱりお買い物~。
またまた夜の街へと繰り出しました。

こんなものや
s701.jpg


こんなもの
s702.jpg


そして
s703.jpg


それから
s704.jpg

をdootaやミリオレでゲット。
コート以外は3万ウォン台。 だったと思う。
特にUFOの時のピンクレディのミーちゃんにようなバッグは超お気に入り。



疲れ果て、予定してたが予約はしてなかったマッサージに行くと
「次回は1時半です。」と言われた。

この時夜中の12時です。

いったんはお断りしてほかのお店に行ってみたけど
やはり同じ1時半だと言われた上に高かった。

でもなぜかミリオレのスポーツマッサージは値段が安いうえ、
すぐにやってくれました。
別に特におかしな様子はない店だったが・・・。

強いマッサージは苦手なので、その旨を伝えマッサージ開始。
最初は
「いててててっ」
という私の声に、「イタイデスカ?」 と反応してくれてたのに
あんまり「いててててっ」が頻繁なので
「スコシツヨクシナイトホグレナイデス。」 と言われ、
終いには完全シカトとなってしまった。
むなしく響く私の「いっ」や「いったっ」の声。

痛みに耐えたマッサージ。
次の日の私の体はいったい・・・。





ソウル2日目~

しょっぱな1日目から夜更かししたので、
2日目の朝は遅い・・・。 当然です。

さて朝食です。
私は見ていないのですが、「魔女たちの22時」で紹介された
乾しだらのスープが大人気らしく、当然食べておく。

s303.jpg
プゴグッチッ・ムギョドン・ドジュッコルです。


s301.jpg

えびの塩辛がとっても美味しいのですが、もっとたくさんスープに入れて
食べれば良かったな。
巷で噂の乾し鱈とはこんな感じか・・・という感想にとどまる。
きっともっと美味しく食べられたはず。

s302.jpg


その後、
s304.jpg
こんな素敵な道も通り、
ソウル駅のロッテマートへ行きお土産を郵送します。
もちろん、ロッテマートでは乾し鱈を購入。

ダシダは毎度のこと購入~。

お土産用の韓国海苔やお菓子を買ってEMSで送ります。
今回は小さい段ボールしかなかったので、
同じ箱を2つ用意してつめました。
2個分の送料を覚悟して。

すると窓口の女性が、
「同じ箱なら1個にできますよ。
違う種類の箱を無理やりガムテで一つにした日本人がいたけど
それはダメ。
お客様はラッキーです。」

あぁ、A型みたいなO型でよかった。
なんか箱は統一したかったのよね。

ってことで2000円くらい得?損することなく
日本へ配達。

液体はだめですよ。
特別梱包で割高ですから。

重い物もぶー。
私は海苔とお菓子のみ。
送料は3000円しないです。

重いものはぶーですから、
チゲ用鍋や大好きなデポマッコリはエコバックに入れてホテルへ持ち帰ります。
EMSの担当の方に、
どれくらいのお酒ならスーツケースに入れて持って帰れるのか聞いたので
頑張って5本を購入。

だって、デポマッコリ、1250Wなんです。
0.08で円換算するといくらになります?
私がバイヤーに頼み込んで仕入れてもらったら売価438円ですよ。
高すぎる~日本。



さて、
ロッテマートでアドレナリンでまくりで買い物してたらもう2時じゃん!
ホテルによって荷物を置いて次の予定地に向かわなきゃ。


これまであまり魅力を感じなかったトッポキを食べに、仁寺洞(インサドン)へ。

お目当てのモッシドンナへ。
s305.jpg

すごい行列(涙)。
でも軽食だし回転はや~い。20分ほど待ちました。

s307.jpg
記念写真とったりして。

s506.jpg
揚げマンドゥ入りチーズトッポッキ。

確かにおいしいー。
でも、ま、そうでしょね、みたいな。

今のところまだ「チーズトッポッキたべたーい」 といった禁断症状は
でていません。

また時間おしちゃった・・・。
夜はなにを食べたのでしょーか???

ソウル1日目のしめ


東大門で買い物をした後、少し歩いてコッチャンのお店へ。
前回に続き2度目の訪問。

コッチャン通りのコプコッチャンで再会を祝う。
ま、さきほどのユッケの店でも祝いましたけどね。


s202.jpg
美味しいですっ。 これは野菜コッチャン。
 

ちなみにこの時の時刻。
s204.jpg

ソウルって、とっても夜の街で、
このお店にも次から次へとお客さんがやってきます。
家族連れとかも。

終電に乗り損ねても、タクシーがとってもお安いので
深夜の道路は9割がたタクシーが疾走してます。

私らも地下鉄で帰ろうなんてはなっから思っていないので
食べまくり、おしゃべりしまくりです。

この後はさすがにホテルに帰って大人しく寝ましたよ。











プロフィール

ラズまま

Author:ラズまま
島根県松江市育ち、千葉県在住の私と家族の日記です。2006年の10月にフレンチブルドッグのラズベリーを新しい家族として迎え、楽しいBUHI LIFEを送っています。

私の母がやっております。
プリザーブドフラワーのネットショップです。
ぜひプレゼントなどにご利用いただけたら嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓

*script by KT*
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
RSSフィード